月別アーカイブ: 2014年3月

Scratchワークショップに行ってきた 2014年3月編

OtOMO_Scratch_WS_20140323今日はOtOMOのワークショップだよ。
Scratchでネコマイム ~アニメーションの仕組みを考えてみよう~」ということで皆でアニメーションを作ってみたよ。
OtOMO_Scratch_WS_201401323まずはScratch Catの頭と、体を切り離す。そう、首チョンパだね。ドリフの首チョンパが欲しくて鉛筆1ダース買った人はどのくらいいるかな?

OtOMO_Svratch_WS_20140323まぁいい。頭だけ切り離して顔の表情をいろいろ変えてみるんだね。
今日はだいぶ疲れた顔してたみたいだよ。

OtOMO_Scratch_WS_20140323たぶんこんな感じだったんじゃないかな。

otomo_ws_20140323-02 otomo_ws_20140323-05 OtOMO_Scratch_WS_20140323
うんうん、ワークショップのメインは参加者のこどもたちだからね。
今日が初めての子もいた様だけど、皆真剣に黙々と取り組んでいたよ。デジタルでも絵を描くのが好きなんだね。
特に印象的だったのはバースデーケーキのロウソクに火をつけて吹き消すプロジェクトだね。
マッチ棒をマッチ箱に近づけると火がつくのね。で、その日のついたマッチでロウソクに触れるとロウソクにも火がついて、最後に女の子が吹き消すのね。

ここ最近、参加者のレベルがグンと上がった気がするよ。
いろいろなところでプログラミング教育とか、Scratchとかにも触れるチャンスが増えてきてるんだろうねって思うわ。
そんな訳で、いつもとはちょっと雰囲気の違うワークショップだったけど、こう云うのもアリなのな。

「教養としてのプログラミング講座」っていうのを読んでみた


清水さんっていう人はどちらかと云うと対極にいる人だと思ってたけど、この本に書いてあることに関してはわりと近いことを考えてるんじゃないかと思ったよ。

小学校でScratchを教えたり、プログラミングラボなんかでも最初に「プログラミングってなによ」って云う話をするんだけど、プログラミングっていうのはゲームを作ったりコンピューターを動かすだけじゃないんだぜ、っていう話とか、大人に対しても「プログラミングを学ぶことでいろんなことに役立つんですよ」っていうようなことを云ってるんだけど、まぁそれに近い内容と云うか、自分の中でモヤモヤしてたものが整理された感じ。

書いてある内容はプログラミングをやらない(できない)人たちに向けてとても分かりやすく書いてあるので、これからこどもと一緒にプログラミングをやろうと思っている大人や学校の先生なんかも読むといいよ、きっと。

プログラミングとは、一言でいえば「自分以外のものを、思い通りに動かす方法」のこと。

「こうすればこうなる」というプログラミングの知識を持っていることで、より広い視野で、より深く考えることができたのではないでしょうか。

今やプログラミングを理解するということは、「世の中の仕組み」を理解することだといいかえてもいいかもしれません。

なんて、まぁその通りだと思うわ。
ということで、わくプロどきプロと共にこれからプログロミングをやろうとしてる人に向けてのお勧め本としておくわ。

俺、カレー屋になるわ その15

curry_20140309-09おっと、前回のカレーからだいぶ間が空いてしまったけど、カレー食ってない訳じゃないからな。
そんな訳で2本立てだぜ。

牛スジカレー

牛スジ始めは牛スジな。
武蔵小山のみやこやで牛スジ買ったぜ、っていつものことだけど。
しかし、いろんな部位があって、捨てるところねぇよ、って感じだよねー。

牛スジカレー玉ネギを刻んで生姜、ニンニクと炒めるところまではいつもと一緒。
牛スジは冷凍されてるので、袋ごと水に付けて解凍するよ。
解凍したら大きな鍋にお湯を沸かして、まず下茹でな。湯であがったら一口大に切って、炒めたタマネギにチョップドトマトを入れて一緒に煮込むんだけど、アレで煮たら美味いんじゃね、ってひらめいた訳。
でやってみたら色もいい感じだし美味ーい。俺やっぱ天才だと思ったよ。

牛スジカレー前回みたいに、「今日はカレーじゃないの?」とか云われない様にしたからな。
ちょっと前回の牛スジカレーと見比べてみてよ。きっちりリベンジ果たしたぜ。

チキンカレー

玉ネギ続いてチキンカレーな。最近は玉ネギの刻み方をちょっと変えてみてるのね。
今までは細かく刻んでたんだけど最近は、縦に2つに割って頭と根っこの部分を落としたら上下に2等分して薄くスライスっていうふうにしてみてる。
これだと切る手間はだいぶ省けるのと、出来上がりもそんなに違わない感じがしてる。
それと炒める時に水を少しずつ加えながら炒めるって云う技もなかなか有効だよ。水を加えながらだと焦げ付かない。

チキンカレー鶏はいつもの様に手羽元に塩コショウとスパイスをまぶして冷蔵庫で寝かしておくのな。
油を引いたフライパンで焦げ目がつく位火を入れたら酒をかけて蓋して蒸し焼きみたいにするんだ。
玉ネギにトマトを投入したらここでまたアレを入れちゃうよ。

カレーにビールこれよ、これ。黒ビール。
牛スジの時に味を占めたので今回も投入してみた。
ビールじゃないのも試してみたくなっちゃってるんだけど、コーラとかジンジャーエールとかも美味いんじゃないかってね。甘みがどう出るか物は試しに今度やってみるわ。

チキンカレーチキンカレーに刻んだコリアンダー振りかけるのも定番になりつつあるよ。うまー。

Makers’ Baseに行ってきた

Makers' BaseMakers’ Baseに行ってきたよ。
FabLabとかFabCafeとかMONOとか最近増えたよね。ちょっと前に目黒に面白そうなところがあるって耳にしてはいたんだけどね。
例のRaspberry Pi Robotのシャーシをレーザーカッターで切り出したいんだけど、やっぱりいろいろと壁がある訳よ。
で、Webでいろいろ見てたら「無料体験ツアー」がいいタイミングであったので、すかさず申し込んだわ。
俺の他にもう2人参加者がいてスタッフ2人と建物の中をぐるっと見て回る、って感じだった。
建物自体は工場か倉庫だった感じで思ったより広いし、中はきれいになってたわ。

カフェスペース

Makers' Base カフェスペース2階のレセプションで受付を済ませると、まだ時間があるし他の参加者もまだ来てないから3階のカフェスペースで待っててくれと。
カフェとしては稼働してないみたいだけど、流しとかガス台とかもちゃんとあるのでやる気になれば回せるよね。ミーティングスペースとしても利用も要相談と云ってたわ。

テキスタイル

Makers' Base 縫製室まずは3階の縫製部屋から。
ミシンのことはよく解らないが業務用のミシンとかロックミシン、革用のミシンとかが置いてあった。運営会社が京都の織物屋なんだと。織機とかも入れたいらしいけど機械がでかくて重いのでそう簡単に設置できないらしい。

デジタルファブリケーション

Makers' Base 3D機器2階の3D機器の部屋。今時はここがメインだろ。レーザーカッターが大小複数代と3DプリンターとCNC、3Dスキャナーもあったわ。
レザーカッターは人気で2時間毎に30分のメンテナンスが入るんだと。
この奥にシルクスクリーン用の露光機とかもあったけど地味な画にしかならないので画像は割愛な。

木工

Makers' Base 木工機器1階の木工室。でっかい木工旋盤とバンドソー、自動鉋があった。なにげに木工スペースが一番大きいんじゃないか。工具もでかいしな。

金工

Makers' Base 溶接部屋溶接はガス溶接とTig溶接機、資材をカットするためのでっかい切断機とかがあった。
金属加工用のフライスと旋盤が欲しいところだよなぁ、と。

彫金

Makers' Base 金工室その脇に彫金部屋な。バーナーとサンドブラスターもあったわ。

陶芸

Makers' Base 陶芸部屋陶芸部屋は準備中ってことだったけど、電動の轆轤とでっかい電気炉があった。

って感じで3フロア6コーナー実に充実してる。強いて云えばやっぱりフライスと旋盤入れてくれ、って感じか。
まぁ、それがなくても十分すぎるくらいの機材があって自由に使えるって云うのは結構魅力的。
メンバーになるための入会費とそれぞれの機械を使うには有料のトレーニングコースを取らなくちゃいけないんだけど、ここを利用したいって思うような人にはしてみればたいした金額じゃないよね。
去年の8月から初めて現在のメンバーが600人位、毎月100人位ずつ入会してるんだってさ、すごいね。
一通り見終わった後で「何したいんですか?」みたいな話になって、レーザーカッターとかCNC使いたいけどデータがね、みたいな話で、これはいつも云ってることなんだけど、アイデアを持ってる人と、それをデータに起こせる人と、実際に加工できる人がコラボレーションできるところが欲しいんだよね。
そういうコミュニティーができるといいよね、ってことでとりあえず入会してきたよ。
時間を作ってトレーニング受けに行こう。

3月になったのでカメを洗ってみた

カメ池
3月になったというのに昨日は雪がちらついたり、なんかあんまり春っぽくないのだけど、いつもこんなでしたっけね?
朝晩はまだまだ寒いけど、に中は日が照ればだいぶ暖かい感じで、カメ池のカメも動き出しましたよ、っと。
そんな訳で、家の中に居るカメを洗ったぜ。
カメほら、きれいさっぱり。
暖房の効いた家の中で飼ってても冬場はやっぱり餌食べないから、づーっと放置な訳。
あー、それってうち寒いのね。
10月、11月位からずーっと放置だから甲羅なんか苔だらけで、歯ブラシで洗うと一皮むけたみたいな…、ごめんよ。

カメこいつがうちで孵った一番の古株なんだが、6年位になるのかな? 15cm位になってそろそろ外に出さないとダメかもね。孵ったばかりなんて500円玉位のサイズなのにね。

カメこいつらは去年孵った奴らだけど1年でだいぶ差がついたわ。
みんな無事に冬を越えてくれてよかったよ。

今年は表のなんちゃってフェンスをなおさないとイカンよね、ってことでまた今度。

MakerCampに行こう!

MakerCamp Tokyo 2014
MakerCamp Tokyo 2014開催決定!
皆さんの参加をお待ちしてます。
4/12(日)お台場 MONOにて。


より大きな地図で MONOアクセスマップ を表示

MakerCampってなに?

MakerCampはメイカーやハッカー、自ら何かを創り出す人々ためのbarcampスタイルのイベントです。
ホストは、トピックやプロジェクトのプレゼンテーションを行い、熱い議論をリードしてください。
ホストになるのは簡単。スケジュールの空いてるところにあなたのアイデアを書き込むだけです。
ゲストは興味のあるトピックやプロジェクトを見つけたら自由に参加することができます。
ホストとしてトピックを上げる人は、必ずしもプレゼンテーションの内容を事前に準備する必要はありません。

午後のセッションではプロジェクトが実を結ぶ様、参加者同士が協力し合うことが大切です。参加者同士でアイデアを試しプロトタイピングします。
あなたがホストでない場合や、プロジェクトの中心でない場合は他のセッションへ自由に移動することができます。

参加するためにはどうすればいいの?

まず最初にこのイベントに参加するための登録を行ってください。参加費は無料です。

登録はこちらから http://tokyohackerspace.doorkeeper.jp/events/9454

会場スペースの関係から参加人数に限りがあります。満席になってしまった場合はキャンセルがあるかどうか頻繁にチェックしてみてください。

次に、あなた自身が話したいこと、学びたいこと、他の参加者に教えることのできることを考えてみてください。最も重要なのはあなた自身が「なにがしたいか」考えることです。

持ち物

あなたのラップトップPCがあればそれに越したことはありません。
必要なのは開かれた心とあなた自身のアイデア!

会場に着いたらすること

会場でサインインしたら参加者バッジを付けてください。そのバッジにはあなたが今一番情熱を持って取り組んでいることを他の参加者に分かる様に書き込みます。

スケジュールボードをチェックしましょう。あなたがトピックを上げたい場合はタイムスロットの空いてる場所にあなたのアイデアを書き込みます。その時点でセッションを開始する準備が整っていることを確認してください。
他の参加者のバッジに書かれていることを読むと会話の弾むきっかけになりますよ。

スケジュール

以下のスケジュールは変更されることがあります。

Welcome
10:00 – 11:30 歓迎とスケジューリング
11:30 – 12:00 開会式
12:00 – 12:30 ブランチ

Chat, Plan, Inspire
12:35 – 13:05 セッション1
13:10 – 13:40 セッション2
13:45 – 14:15 セッション3
14:20 – 14:50 セッション4

Learn, Make, Play
14:55 – 15:55 セッション1
16:00 – 17:00 セッション2
17:05 – 18:05 セッション3

Presentation and Closing
18:10 – 18:40 発表
18:40 – 18:50 スポンサー紹介
18:50 – 19:00 閉会式
19:00 – 19:30 クリーンアップ

と、ここまでがMakerCampの概要ね。
前回のBarCamp Tokyoが2010年の5月なので4年振りと云うことになるんだけど、BarCamp自体を知らない人はこの辺りを読んでみてくれ。

秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ BarCamp Tokyoに行ってきた

YAMAGUCHI::weblog BarCamp Tokyo 2010に行ってきてちょっと運営したよ

今回はイベントのタイトルも「MakerCamp」ってことでさらに一ひねり加えた楽しいイベントになること請け合いなので、みんな参加した方がいいよ。

THSのMLで「BarCampやるよ」って云うのが流れてきたからさ、火曜日のMTGの時に楽しみだ、って云ったんだよ。そしたら、ただ参加するだけ? それとも手伝うの? って訊くから、思わず「手伝う」って云っちゃったよ。
まぁ、MTGは平日の日中ばかりだし、たいしたことはできないと思うけど、それなりにがんばるわ。

って感じで鋭意スポンサー募集中だよ。もちろん参加者も。
皆さんよろしくねー。