俺、カレー屋になるわ その117

カレーパン

物件の話

会社辞めて半年経つけど、未だ物件決まらず。
正直なところ、もっと簡単に見つかると思ってたんだけどめっちゃ難航。
一番の要因は「重飲食の壁」だなぁ。
「重飲食」ってなによ? って思う人もいるだろうけど、不動産業界的には飲食店はカフェとかバーみたいな「軽飲食」とカレー、ラーメン、焼肉みたいな「重飲食」に二分されて、店舗探してる、って云うとまず業種を聞かれる訳。ここで「カレー」とか云うと「あー、重飲食はお断りです」みたいなことが多くて、多くて、多いのよ。その時点で内見もさせてもらえないし、話し終わりなので萎えるわ、本当。
どの業種が軽いとか重いとか、明確な線が引かれてる訳じゃないんだけど、匂いと油と煙が出そうな奴は大体重い方に括られちゃう。
匂いと煙は上階や近隣のテナント、住民からクレームが来ることを心配してのこと。油は下水や設備のメンテナンスが大変だったり、壁や床が汚れて面倒だとかそう云う理由らしい。
オーナーや不動産屋にしてみれば余計なリスクは背負いたくないのは解るけど門前払いはやめてくれ、って思うわ。
経験値が増えるとだんだんズル賢くなって最初は「業種はカフェです…、ごにょごにょ…」みたいな。それでもどっかのタイミングで「いや、実はカレーを」とか云うと、やっぱりそこでシャッター閉められちゃうケースと、「申し込みしてくれたらオーナーに交渉する」って云ってくれる担当もいたりはするんだけどね。
まぁ、なんだかんだ10件近くは内見したけど、上記の理由で断られたり、どれも帯に短し襷に長し、って感じで決めきれないのよ。
あとはロケーション、サイズと値段。独りでできそうな手頃なサイズだとバーとかの居抜きが多くて、その場合火周りの設備が弱いのよ。
ロケーションは家から自転車で行ける範囲を重点的に探してるけど、総じて家賃が高い。と云うか人が多いところは高いし、安いところはそれなりみたいな。

武蔵小山の隣駅、西小山駅周辺の半径2キロメートル圏内の情報を発信している「西小山編集室」の梶田裕美子氏によると「東日本大震災後、自分がやりたいことをやろうと、小商いを始める人が増えましたが、そうした人たちが希望するのは坪単価1万円くらいで10坪、つまり、家賃10万円くらいで借りられる物件です。


いや、まさにこれなんだけど、そんな訳でそんな感じ。
とはいえ、世の中にはインネパのお店も増えてるし、飲食店は開業から1年で4割が廃業、って話もあってどうなってんのよ? って思うんだけど、テナントが個人じゃなくて会社だったりすると、ダメになっても出て行かないで業種転換だったり、コミュニティーの中でオーナーチェンジで内装も店舗名もそのまま続ける、とかいうケースがだいぶあるみたい。
なので、物件自体が多くはないとはいえ、全く無い訳じゃなくて、ソコソコ美味しいやつは表に出る前に水面下で決まっちゃうんだろうなぁ、と思ってる。
間借りやなんやらで多少の収入はあるもののそれだけでは全てを賄えないので貯金の食いつぶし状態。持久戦は仕方がないけど干からびる前になんとかしなくちゃいけない。

間借りの話

今は、目黒のImpact HUB TokyoBETTARA STAND 日本橋の2箇所で間借りさせてもらって、あとはKitchHikeのPop-Upやったりイベントの話をもらったりしてるけど、ここへきて新しい話もあって来週からここでやる。


GWの頃から床貼ったり壁塗ったりDIYしてて、ついこの前キッチンの設備が入って、今は営業許可の申請を上げたところ。
問題がなければ6/15からとりあえず月曜日と木曜日、ここでやらせてもらう予定。

MID STAND TOKYO
MID STAND TOKYOMID STAND TOKYOMID STAND TOKYOMID STAND TOKYO

この間借りの話含め、なんか大きな節目にきてる感があって、ビッグウェーブに乗り損ねないようにしないといけないなぁ、と。
ひょっとしたら今までと全然違う方向に大きくジャンプアップする可能性もあるんじゃないかと思えてきて…、いや、ただの妄想だけど。
想いを持って好きなことやってると、引き寄せたり引き寄せられたりするもんだと思うわ。

イベントの話

KitchHike
冒頭の(画像差し替えた)カレーパンの画上げたらKitchHikeのスタッフが食べたい食べたい云うからこの前キッチンが空いてる日に行って作ってきた。
これ、中身詰めてどうやって生地の口を閉じるかが課題だったんだけど、ここ最近やっとうまく形になるようになったわ。
彼等、今とても勢いがあるし、拡大路線で「おいおい、大丈夫か?」って思うこともあるけど、オフィスの雰囲気もいいしいいよね。
下手すると親子ぐらい歳離れてるけど、もう20くらい若かったらこう云うところで働くのも良いと思うわ。

タイトルがちょっとアレだけど、この前やったPop-Upが記事になって、拡散しろ、って云われてるのでリンク貼っとくわ。

KitchHikeマガジン

本物かどうかはだいぶ微妙。

もう1件KitchHike繋がりでSoup Stock TokyoさんとのコラボPop-Upって云うのを6/26(月)にやることになった。

おいしい教室

Soup Stock Tokyoでは6/16(金)、17(土)の「Curry Stock Tokyo」を皮切りに7/28(金)までカレー推しでその一環としてのPop-Up。
場所は自由が丘の「also Soup Stock Tokyo
まだメニューの詳細は決まらないけど、財布と時間に余裕のある人は来てね。

里親募集

カメ池
なんかよくわらないけどあっという間に6月だよ。
今年もバンバン孵ったよ、カメ。

カメ池
ちょっと前にトロ舟の水換えしたのね。
うちの中で飼ってて大きくなったやつはこっちに引っ越しなんだけど、もはや何匹いるか把握してなくて、水を抜いたタイミングで数えたら21匹いたわ。
ちょっと過密だなー。
一番大きいのはかれこれ10年ぐらいになるのかな?

カメ池
カメ池の方は3匹と、諸事情により1匹隔離されてるので都合25匹でしょ。
あと家の中で飼ってるのが7匹。

クサガメ里親募集
でもって今年孵ったのが14匹。全部で46匹か…。

クサガメ里親募集
これまでの反省を生かして今年は完全個室。

発見してから1ヶ月ばかり経って、市販の餌を食べるようになったので、今年も里親募集します。

  • 責任を持って世話できる方
  • 都内で手渡しできる方
  • 場所と日時は要相談

クサガメです。ミドリガメではありません。
今現在は500円玉ぐらいのサイズですが、1年で大体倍ぐらいになります。
そのあとは育て方や餌の食べ具合でまちまち。
小さいうちは手間がかかりますが、育てるのは難しくありません。

飼いたい人は連絡ちょうだい。

KitchHikeのPop-Upをやってきた 17回目

KitchHike Pop-Up 20170529
LOVE INDIA明けの月曜日、週の頭からKitchHikeのPop-Upな。
LOVE INDIAは色々な意味で刺激の多いイベントだったので、その余韻の残る月曜日、体はきついっす。
上野のPop-Upはキッチンは広くて使いやすいし、KitcHikeの連中も必要以上に干渉しないし、精神的には楽でいいわ。
ただ、前回思ったのが包丁があまりにも切れなくて笑ってしまうレベル。なので砥石持って行って研いであげたよ。これで作業も捗るでしょ。

今回のメニューは次の通り。

  1. サラダ(チャットマサラ/レモン和え)
  2. ダール(トゥーツダールとマスールダールのスープ)
  3. かぼちゃのサブジ
  4. アチャール2種(野菜とレモン)
  5. チキンカレー2種
  6. バナナブレッド
  7. チャイ

KitchHike Pop-Up 20170529
この日は女性ばかり4人と落ち着いた大人の雰囲気。
みなさんおとなしいので、静かに淡々と食べる感じ。普段は、Hiker同士で勝手に盛り上がって話が弾むケースが多いのだけど、まぁ、大人だよ、今回は。

KitchHike Pop-Up 20170529
今回のPop-Upはね、この前入手したオーガニックのスパイスと普段使ってるスパイスと比べてみようと思って、同じ材料、同じ分量でスパイスだけが違う2種類のカレー作ったのよ。
左がオーガニックのもの、右が普段から使ってるもの。見た目とか匂いとかでは区別つかないわ。
シンプルにクミンシードとターメリック、チリのみのチキンカレー。

KitchHike Pop-Up 20170529
同じサイズの鍋が2つあるので、まず手羽元を油で炒める。
火が通ったら一旦取り出し、鳥の油も入ったまま、クミンシードを投入。
続いてニンニクと生姜、玉ネギを炒めたらトマトピューレと塩、ターメリック、チリを投入。
手羽元を戻して、水を加えて煮込むだけ。

KitchHike Pop-Up 20170529
出来上がったカレーをモヒカン盛り。
同時に食べてみれば、同じものではないのは判るけど、これ別々に出てきたらどっちがどうとかわからないな…。
カレーって結局味を決めてるのは素材の味と塩加減だけなので、材料とか塩とか良いものを使えばそれなりに美味しくなるんじゃないかとは思うけど、実際のところその違いがわかる人ってものすごく限られてくるんじゃない?
だから適当な安い材料でいい、って話ではないのだけど、材料にこだわって値段が上がるより、ソコソコの材料でソコソコ美味しいものができる方がいいんじゃないかと思うわ。美味しい、美味しくないっていうのは人によって違うだろうし、オーガニックとかそういう冠にこだわる人がいるのは価値観の違いなのでそれはそれでいいじゃん。
なるべく手間もお金もかけないで、人が喜ぶものを作るっていう方が面白いかなぁ。

KitchHike Pop-Up 20170529
残ったものは、KitchHikeのスタッフがきれいに平らげてくれて、ここでも食べ比べしたけど、結果は同じく、同時に比べれば違うのはわかるし、オーガニックのスパイスを使った方が美味しく感じる。

多分だけど、まだこのあたりの経験値が足りないからこういうことで終わってるんだとは思う。
オーガニックを普段から扱ってる人にしてみれば「解ってねぇな」って話なんだろうけどね。
それよりも、これだけシンプルなレシピにしても、ちゃんと「カレー」になる方がビックリで1番の収穫。

LOVE INDIA 2017に行ってきた

LOVE INDIA 2017
今年もLOVE INDIA行って来たよ。しかも晴れだ。そして、なぜかScratch Dayとバッティング。
LOVE INDIAが去年と1ヶ月ずれて、Scratch Dayが2週間ずれてぶつかるんだからもうお手上げ。

去年のLOVE INDIAは話が面白くて、結局最初から最後までステージ脇に張り付いてたんだけど、今年はスタッフとして参加なのでそうもいかず。
やりながら話聞けるかと思ったけど、全然聞こえんかった。
それでも、次から次へ知っている顔がやって来て、中にはだいぶ久しぶりな人もいて、それはそれで楽しかったわ。

LOVE INDIA 2017
スタッフは9:00の現地集合。9:30から全体MTG。

LOVE INDIA 2017
その後、各ブースの設営。

LOVE INDIA 2017
一般のお客さんが来る前にスタッフミール。

LOVE INDIA 2017
要するに全部のせね。普通なら絶対食べられない。ある意味贅沢。

LOVE INDIA 2017
閉会後の打ち上げも残ったカレーが振舞われる。

なんか内輪の画見たいのばっかりだけど、イベント自体はものすごく盛り上がってた。
今年は天気が良く、800人程度の来場者数となっている計算。スタッフも含めると今日だけで1,000人くらいの人がカレー食ってる訳だ。
設営とか撤収作業は正直肉体労働だけど、あれだけのカレーが一度に食べられるっていうのはかなりお得だと思うわ。

運営チーム、各シェフの皆さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした。

KitchHikeのPop-Upをやってきた 16回目

KitchHike Pop-Up 20170522
上野のKitchHikeキッチンでPop-Upやってきた。
なんかね、久しぶりの大人数だよ。少人数で小ぢんまりとした会も悪くないけどね、大勢で食べるっていうのはそれだけで楽しいのよ。
この日は、昼間も某企業の社外研修用にランチ提供してきて、夜はKitchHikeのPop-Upってダブルヘッダーで忙しくて、もうすでに今日が何曜日か分からないわ。
月曜日の昼にランチ提供して、夜は上野でPop-Up、火曜日はImpact HUB Tokyo、水曜日はBETTARA STAND 日本橋の間借り、って初めてのパターンで何をどういう段取りで仕込むか考えた挙句、チキンムグライ3連投だよ。
とりあえず明日の分まで仕込んでなんとか切り抜けた感じだな。

そうは云ってもPop-Upは9人集まったし、これはこれで手抜けない。
こういう時は基本に帰るのがいいよね、ってカレーは"ふつう"のチキンカレー。
どういう訳かオーガニックのスパイス一式が手元にあって、余裕があれば普段使ってるスパイスとオーガニックのスパイスと2種類同じカレーを作って比べてみたかったけど、それはちょっと無理だったわ。

KitchHike Pop-Up 20170522
「全7品」を謳ってるのでその他のメニューは以下の通り。

  1. サラダ(チャットマサラ/レモン和え)
  2. トゥールダール
  3. アルゴビ
  4. アチャール2種(野菜とレモン)
  5. "ふつう"のチキンカレー
  6. バナナブレッド
  7. チャイ

KitchHike Pop-Up 20170522
KitchHike Pop-Up 20170522
KitchHike Pop-Up 20170522KitchHike Pop-Up 20170522
バナナブレッドは焼き上がったものを持って云ってるけど、それ以外はほぼほぼ現地で2時間ぐらいで作ってるので、なかなか手慣れてきたと自分でも思ってる。
しかし包丁があまりにも切れなくて、マジ笑ってしまうレベル。次行く時砥石持って行って研いであげよう。

今回は女子率の高い会だったけど、リピートしてくれる人もいれば初めての人もいて、思わぬところで思わぬ人と繋がってたり、いろんな巡り合わせがあるのな、と最近つくづく感じてるところ。ジョブズじゃないけど点と点が繋がるってこういうことだよねとか。

次回のPop-Upは5/29(月)ね。
気がつけば5月ももう後半で今度の週末はLOVE INDIA
6月はSoup Stock Tokyoのあれも気になるよね。

第4回 本との土曜日|特集「本のインド、インドの本」に行ってきた

本との土曜日
いつも間借りしたり、KitchHikeのPop-UpをやらせてもらっているBETTARA STAND 日本橋で毎月第3土曜日に「本との土曜日」というイベントをやってるのね。
今日はその4回目で、今回からテーマ性を持たせるってことで「本のインド、インドの本」っていうのが今日のテーマ。
で、ここに来い、っていう指令が飛んできたので、それなら行かないと、と行ってきたよ。

本当はね、カレー出させてよ、って思ったけど、マサラワーラーもいるし、BETTARA STANDとしてもフード、ドリンクの販売はあるし、SOL’S COFFEEも来るから出番なし、って一応YADOKARI小商い部としての出店ということで、家に積んであるインド、カレー関連の本を引っ張り出して15冊ほど持って行ったわ。

うちのブースだけが素人丸出しで商売っ気なしだけど、女子達も彼女達の持ってきてるアクセサリーはどれも可愛い。
お隣はアジアハンターさんで今日は本だけだけど見事な品揃え。

YADOKARI小商い部
アジアハンター
本との土曜日本との土曜日本との土曜日本との土曜日本との土曜日本との土曜日
それ以外も皆さん真剣に売りにきてるのよ。

マサラワーラー
マサラワーラー
とりあえずマサラワーラーのカレーは食った。
チキンダールとサンバルにオクラのポリヤル。これで¥600は反則だな。美味いわ。
カレー出さなくてよかったかも。

アジアハンター小林さん
アジアハンター小林さんとマサラワーラー
アジアハンター小林さんの「#するとどうだろう劇場」とそれを面白がるマサラワーラーの図。
こういうのは普段見られないよね。

天気も良く、開始から結構な人がやってきて、途中トークショーもあり、カレーも食ったしコーヒーも飲んだし、なかなか楽しめたわ。
終わってみれば15冊のうち11冊売れて、出店料とお昼代くらいにはなったので、まぁ良かったよ。意外と売れるもんだね。

本との土曜日

他の出店者から本も買って、2007年のdanchyのカレー特集号が1番のお買い得だな。

KitchHikeのPop-Upをやってきた 15回目

KitchHike Pop-Up 20170518
KitchHikeのPop-Upも15回目だってさ。浮き沈みが激しくて、というかここ最近沈みっぱなしじゃね? って話もあるけどまだ干からびてないよ。
午後から雨が降り出して、出かけるのギリギリまで粘って、しょうがない電車で行くか、って荷物まとめたら空が明るくなってきたので、いつものようにカブでね。
途中まだ雨がパラついたり、路面は濡れてるので超安全運転で。雨上がってよかったわ。

今回も、何が食べたいかリサーチしたところでてきたのは「夏野菜のカレー」というリクエスト。
なんか、スゲー暑い日もあったり、ちょっと肌寒い日もあったり、夏野菜ねー、という感じだけど何が夏っぽいのかな? とか考えつつ、じゃあパコラやってみる? ってことで。
ベイスン粉だけだと重くなる、っていうんで半分ベイスン粉、半分薄力粉。ここに塩とチリパウダーとアジョワン。
アジョワンがポイントなんだろうな。うちでは買ったけどほとんど登場しないのがやっと日の目を見たよ。

野菜はカボチャ、なす、さつまいも、ズッキーニ、パプリカ、ピーマン、カリフラワー、しいたけ、ニンジン。
これだけ揚げると結構な量だね。

野菜のパコラのせカレー
野菜のパコラ
甘夏とキュウリのミントライタ
既視感のある見た目だけど気にするな。全然違うから。

その他含め、この日のメニューは次の通り。野菜縛りな。

  1. サラダ(チャットマサラ/レモン和え)
  2. 甘夏とキュウリのミントライタ
  3. グリーンピースと長ネギのマサラ
  4. アチャール2種(野菜とレモン)
  5. 野菜カレー(野菜のパコラのせ)
  6. バナナブレッド
  7. チャイ

何気にライタが美味いんだけど。
あー、やっぱり出し過ぎだね。

最近になって、また活性化できそうな話がちらほら。沈まないように水面下ではすごい勢いでもがいてたりして。

明日5/20(土)は第4回 本との土曜日|特集「本のインド、インドの本」ぽかーんインディア3の2本立て。

で、来週5/28(日)はLOVE INDIAね。

Scratchワークショップに行ってきた 2017年5月編

OtOMO Scratch WS 20170514
OtOMOのScratchワークショップに行ってきた。
メインファシリテーターは岡田さん。俺の中でOtOMOメンバーの中で一番謎なのが岡田さんなんだけど、岡田さんの持ってくるお題は他の誰のよりも楽しみにしてる。
この日のお題は「さいころシミュレーションと自分グラフ」

さいころの出る目の頻度を、実際に振ってみて観察し、それをコンピュータ上でシミュレーションするプログラムを、参加者同士であれこれ考えながら、Scratchを使って組んでみます。また生成されたデータを自分なりに可視化をして、表現の可能性を探っています。中学数学で扱う確率・統計の内容をひと通りさらいつつ、コーディングすることで理解の一助になればよいと考えています。


素晴らしい。
これね、実は前にもやったことがあって、いつのことか調べてみたら2012年の2月だった。んー、5年前か…。まだ「プログラミング教育」なんて話が微塵もない頃だな。

どんなことをやったかというと、まずサイコロを1個振る。出た目を記録。
この日は参加者が9人いたので、1人20回ずつ振って、合計で180回振ったことに。
1から6まで出目は計算上同じ確率で出るはずなので、それぞれのレコードを集計すると、だいたいそんな感じの結果に。

次にサイコロを2個にするとどうなるか。
今度は3人一組になってグループごとに100回振る。合計で300回。これを同様に集計。

さいころシミュレーションと自分グラフ
さいころシミュレーションと自分グラフ
さいころシミュレーションと自分グラフ
出目の合計は2から12に増えて、集計結果を見れば7の出目が1番多いのはすぐわかるよね。
1から6の組み合わせでどの目の組み合わせが一番多いのかとか、なんでこういう結果になったのか、とかをみんなで話し合った後検証結果をコンピューターにやらせてみよう、っていうのが今回の趣旨。

5年前と何が違うかっていうと、子供達のレベルが全然違う。
世の中の環境が変わって、Scratchをやったことある子も増えてるだろうし、そういう子が集まり易い環境にはなったと思うのだけど、実際にスクリプト組ませても、リスト作ってグラフまでサクッとできてしまうし、何をどうすればいいかソラで説明できるとか、もう完全についていけない。
さいころシミュレーションと自分グラフ
さいころシミュレーションと自分グラフ
さいころシミュレーションと自分グラフ
さいころシミュレーションと自分グラフ

もう一方、大人は大人でScratch3.0とかやってる訳よ。

Scratch3.0
Scratch3.0

さて、5月といえばScratch Dayなんだけど、今年は去年までと打って変わって各地で分散開催の傾向。
東京周辺でもいくつものScratch Dayが登録されてる。

5/13(土) Scratch Day 2017 in Kami-Ikebukuro
5/13(土) Scratch Day in Yamanashi 2017
5/13(土) CorderDojoさいたまのScratchDay!
5/14(日) Scratch Day 2017 in 3Cha
5/14(日) ScratchDay 2017 in Kashiwa
5/21(日) Scratch Day in Tokyo Togoshi Ginza
5/28(日) Scratch Day 2017 in Tokyo

本命は5/28(日)のScratch Day 2017 in Tokyoだけど、この日はLOVE INDIA…。

KitchHikeのPop-Upをやってきた 14回目?

KitchHike Pop-Up
ここ最近、いろいろ煮詰まってきたので「Spice Labo」というPop-Upを立てたよ。「Spice Labo」って…、というツッコミは不要! どこまでできるか? っていう実験の場だから。

KitchHikeのPop-Upにせよ、間借り営業にせよ、一部を除いてなるべく同じメニューはやらないようにしているんだけど、そろそろネタ切れだよね。
ついつい自分が好きなものとか食べたいものになってしまうので、あんまり好きではないシャバシャバのカレーだったりココナッツを使ったカレーだったりはあまり登場しないんだけど、作ってみるとこれが意外にうけたりして。
そんな訳で、幅を広げる、っていう意味と、縛りを設けたら、もう少しない知恵絞れるのかと思って、あらかじめメニューを決めずに、Hikerさんに何が食べたいか聞くようにしてみる。
で、今回出てきたのが「フルーツの入った…」って、いきなりハードル高いな。パイン+ポークっていうのはこの前やったばかりだし、ってことで頭の中の引き出し全部ひっくり返してさらったらレモンチキンっていうのが出てきたよ。
Pop-Upの告知では「全7品」を謳ってるので、この日のメニューは以下の通り。

  1. 野菜サラダ チャットマサラ/レモン和え ←一応レモン
  2. きゅうりとグレープフルーツのライタ ←グレープフルーツね
  3. かぼちゃのヨーグルト煮
  4. アチャール2種 野菜とレモン ←これもレモン
  5. レモンチキンカレー ←レモンばっかりだ
  6. リンゴと胡桃のケーキ ←リンゴ
  7. チャイ

かぼちゃのヨーグルト煮とチャイ以外は一応フルーツ縛りクリアしたってことで。レモンばっかりなのはちょっと残念。まだまだ修行が足りない。
レモンチキンカレー副菜盛り合わせリンゴと胡桃のケーキ

この前、KitchHikeのスタッフや他のCookと話してて、あまり試作はしないって、云ったら結構驚かれた。
今回の「レモンチキンカレー」も「レモンチキン」っていうキーワードが頭の中のどこかにあって、今時は便利だからググれば何かしら出てくるし、一応、スパイスは何入れてるとか、作る手順とかは一通り目を通すけどあくまで大きく外れてないか確認する程度。
あとは出来上がりの味とか見た目とかイメージに近づけるには何をどうしたらいいか考えながら適当に作る。
作るのは適当だけどレシピはメモしておく。カレーの場合、どうやっても不味くて食えない、ってことにはまずならないけど、思い描いていたイメージと、実際がずれてる場合はレシピを見直して次に作るときに修正、っていうのが大体のパターン。

そうやって考えたり、作るのが楽しくて、食えるものができたら大体において満足なんだけどね。
イメージ通りのものができれば達成感を味わえるし、そうでなければ、どこをどう修正すればいいのかまた考える。
思い通りにできなくても「美味しい」って云われたりするから不思議だけど、反応が鈍い時はそういうことだから。

次のKitchHikeのPop-Upは5/18(木) BETTARA STAND 日本橋な。
割引クーポンあるよ。
クーポンコード:bettarakh

ゴールデンウィークはスワンに乗って

諏訪湖 2017GW
今年のGW、もう1日あるのかもしれないけど、メインイベントが終わったので記しておくわ。
スワンに乗って日本一周してきたわ。
まず、こんなに普通なGWは20年ぶりだ。この20年GWとか関係なかったからね。もしかしたら、この先も関係なくなっちゃうかもしれないけど。
とりあえず、この1週間は仕事らしい仕事は入れずに過ごしたので、行きたいところに行って、見たいものを見て、のんべんだらりとしつつも大きな山が3つ、って感じ。
新しい情報とか、得るものは得られたし、そうでないものもあるけど、まぁ、一区切り、ってことなのかもしれない。

5月の1日と2日はMTGをそれぞれ1本づつ。
MTGの内容はここでは触れないけど、なんとなくこの先の方向性が見えてきた節目となるMTG。
詳細はもう少し詰まってからだな。

3日から5日までは長野に。
GWとはいえ、余計な費用はかけられないので、バスで行く方が費用的には安いのだけど、何せGWだからね、何時間かかるか判ったものじゃない。
上諏訪の「リビルディングセンター」が見たかったので、とりあえず上諏訪まで。始発に乗っていけば10:00前には着けそうだったので、そうしたんだけど、八王子発の松本行き普通列車っていうのが山にいく人で超満員だよ。そんな時間に普通の松本行きとか楽勝でしょう、って思ってたけど甘かたっわ。

リビルディングセンターリビルディングセンター
リビルディングセンター、何がどうってことはないけど、生で見られたのでまぁね、よかったよ。
人から聞いたり、本やウェブで得られる情報よりも実際に行ってみる、っていうのは重要だ、って改めて思ったわ。

そのまま、下諏訪まで小1時間歩いて下諏訪の「Eric’s Kitchen」へ。ランチメニューはポークビンダルとチキンコルマだったので迷わず2種盛りで。

Eric's KitchenEric's Kitchen

下諏訪から電車に乗って次は松本。
松本は2件のコーヒー屋。1件目は「豆とコーヒーLaura
コーヒー飲めるもんだとばかり思ってたのに、店頭には「豆の販売だけになりました」って小さい張り紙。仕方ないのでもう1件の「High-Five COFFEE STAND」へ。
こっちは東京にもありそうな感じで、とりあえず一服。

豆とコーヒーLauraHigh-Five COFFEE STAND
それから、「栞日」と「Doon 食堂 印度山
栞日はさ、「ALPS BOOK CAMP」の主催者だからさ、ちょっと前にALPS BOOK CAMPでカレー出したいって云ったけど、まぁ、やんわり断られました、よっと。まぁ、いいさ。
Doon 食堂 印度山は何で見たのか覚えてないんだけど行って良かったよ。
GWの営業日について問い合わせたのを覚えててくれて、結構長い間話をしてた。他のお客さんいなかったし。
肝心のカレーは今まで食べたことない感じだったけど美味しいね。キーマにビッグカルダモンとカロンジが入ってた。ホームスタイルなんだって。

栞日Doon 食堂 印度山
これで2つめのミッションは終了。大町へ。

大町、この時期に来るのは初めてだよ、って年末年始とお盆にしか休みのないような生活、ずーっとしてたってことで、思い起こすとアレだよね。
散り始めの桜と鯉のぼりっていうのもなー。裏の山も、池も全然景色が違ってて、これまでほんの一部しか見てないのかと。
池はイモリがうじゃうじゃいて、夏はカエルなんだけど。

桜と鯉のぼり池イモリ中綱湖

3つ目のミッションは床貼り。
当初穂高でやる「軽トラキャンパー製作ワークショップ in 安曇野」っていうのを見に行って日曜日に帰ればいいや、って思ってたんだけど、直前になって神田で床貼りするっていうから急遽予定変更したのよ。

神田で床貼り神田で床貼り神田で床貼り神田で床貼り神田で床貼り神田で床貼り神田で床貼り神田で床貼り神田で床貼り

場所は神田の、アレだよ、知ってる人は知ってる場所。
ここに杉の足場板で床貼るっていうんで行ってきたわ。広島で「WOODPRO」というDIYや足場板の古材を扱っている会社の中本さんが観えてレクチャーしてくれる。
床貼り、っていってもコンクリートの床の上に足場板の短いのを並べるだけというか置いていく感じ。2階、3階とかの場合は階下への音の影響とかを考えてクッション材や下地を入れることもあるらしいけど、ここは1階だし、スケルトンで床はコンクリートむき出しなので下地なしにいきなり並べていく。
そういう簡易的な施工だっていうのは事前情報でわかっていたんだけど、知りたかったのは、並べ始めのところと、壁との境目の仕舞方な。
足場板は長さは均一にカットされてるんだけど、幅の規格が何種類かあるのと新品ではないので、伸縮があったり多少反っていたり。
もっと正確に位置決めするのかと思ったら、割と適当で、幅もプラスマイナス10mmぐらいのギャップがあるので割とゆるーい感じ。
当然隙間が生じるので後から木っ端で埋める。全部敷き詰めると意外に動かないもので、いいねこういうのも。あとは残りの部材を箱状に組み上げたものを大量に作って、これは積み上げたり座ったりどうにでもなって便利だわ。

あー、あれかね、普通の人のゴールデンウィークってこんな感じなのかなぁ。
ずーっとゴールデンウィークだといいよね。

よし、惑星探査行ってくるか。