タグ別アーカイブ: Mac

これは俺のじゃない

MBP15
皆よく聞け。これは俺のじゃない。

年明けに、密林から大きな箱が届いて、中から出てきたのは「PSナントカ」とかいう黒い塊。
これがどうも、うちのテレビでは動かないって、うちのテレビは石原さん家からもらった、28inchの液晶テレビ。あれだ、byd:signのやつね。
動かないって、お前、買う前に調べろよ、って話なんだけど。
これが巨大文鎮1号ね。文鎮と云うより凹ましたたら硯みたい。

Play Station 4
テレビとかほとんど見ないしPSナントカも興味ないし、別に放っておいてもなんの影響もないんだけど「ねぇねぇ、どうしよう?」ってうるさいから、「新しいテレビに買い換えるっていうのはないから、HARD OFFとか見てこいよ」って云ったら見てきたらしく、2台在庫があるから一緒に見に行こうと。
東芝とSONYのが1台ずつあって、どっちも40inch。両方とも店頭で点けて見せてもらって、結局SONYのやつを買うことに。え? 俺が払うの?
8年落ちで¥30,000って云うのはどうなんだろう? 筐体もそんなに汚れてないし、画面も綺麗っぽいので、まぁいいか。
2人で抱えて家まで帰った。
これで文鎮1号はめでたくPS4になった訳だ。なんか得したのか、損したのかよく判らん。

Mac Book Pro
それから2週間ぐらいしたら、今度は「Mac起動しねー」って。巨大文鎮2号だよ。
色々めんどくさいので、話端折ると、何やってもダメみたいでGenius Barへ。

Genius Bar
CPUかRAMの障害で、修理費用の見積もりが¥65,000 + Tax。
んー、これ4年使ったからねぇ、修理に¥65,000はないんじゃない?
とはいえ、豆腐で学ぶ身としてはPCないと困るよねー、ってことで新しく買うことに。
え? それ、誰が払うの? カレー250杯分だぞ。無謀だな。

で、昨日の夜届いたのがこれだよ。
家には墓石が立ってるので、PC本体が壊れてもデータ死なないし、元の環境にすぐ戻せるって墓石最高だよ。
Mac Book Pro
いいなぁ、新しいの。タッチバーついてるし、画面綺麗だし。
昨日Facebookに画像あげたら、皆で好き勝手なこと言ってるけど、いいか、これは俺のじゃない。

大事なことだから、もう一回言うぞ。

これは俺のじゃない。

俺のMid2011のMBAはまだ健在だぞ。バッテリーがだいぶ弱ってるけど。電源繋いでないと1時間くらいしか持たない。
2011ってもう6年も使ってるじゃん。

で、一旦修理しないって決めた文鎮2号だけど、¥65,000の修理費用で何がどうなるの?って話になって、バッテリーも新しくなるんなら直して俺が使うかな、とか。
朝からアップルストアに電話して「修理内容に関して確認したい」って、散々やったけど電話の向こうからは「開けてみないと判らない」の1点張りで、よく訓練されてるよね、アップルのサポート。
これって、今起きてる事象に対する修理見積もりってことでしょう。どの部品を変えるから幾ら、とかじゃない訳だよね。

もっと安く治す方法とか、確実にバッテリーまで交換してもらう方法ないのかね?

あぁ、そういえば、政宗も豆腐受かったし、kogameも学芸大附属受かったし、阿部チルドレンは優秀だな。


Appleのサポートの話

Apple AC Adaptor

MBPの電源が壊れた

こどもの使っているMBPの電源が壊れた。
中学校に入学のお祝いに買ったMBPなので1年ちょっと使ってる。
以前にもACアダプターのコンセントに差し込むところが壊れて交換してもらった経緯があるのだけど、今回はACアダプターから伸びてるケーブルの付け根がちぎれかかってた。
とりあえず、被服のところだけだろうと思ったけど、運が良ければ交換してもらえるかも、ってことで「ジーニアスバーに予約を入れておけば」という話をしていたのと、換えてもらえなくても収縮チューブとかでそれ以上酷いことにならない様にしてあげればいいかと思っていたんだけど、アポイントの前に本当にダメになったらしい。

これは一大事

最近は毎日の様に(最近に限った話じゃないけど)誰かとSkypeしながらMineCraftしてる。
あとはMineCraftのModを作ったりオンラインゲームやったり、Scratchはたまにしかやってないみたい。「Scratch Dayのプログラミングバトルの続きを完成させろよ」と云ってはみたものの、本人は全くやる気ないっぽいわ。
そんな訳で、彼にはなくてはならないMBPが動かないとなるとこれは一大事な訳で珍しく電話がかかってきた。
「ACアダプターが壊れて、アップルストアのウェブサイトを見たら今日の18:00のアポが取れるから行ってきていいか?」と云うことだったので、1人で行く様に云ったわ。まぁ、渋谷位まで1人で行って来れるだろうし、アップルストアなら何度も行ったことあるし問題ないっしょ。

むかしの話

考えてみたら自分がこどもの頃はもっといろいろなところへこどもだけや1人で出かけてたよ。自転車で環八まで車の写真撮りにいったり、等々力までスロットカー走らせに行ったり、多摩川や大井埠頭は釣りしにいったし、渋谷の志賀昆虫とか原宿のサクラホビーとかただ見てるだけで何時間も費やせたよ。
こういう昔の話がでてくると歳取った証拠だと思うけど、本当だからしょうがないか。

ありがとうアップル

話戻すわ。
とりあえず、1人でアップルストアまでたどり着いて、壊れたACアダプターなんだけど、保証は切れっちゃてるんで¥6,200かかるってジーニアスバーで云われたらしく再度電話かかってきたよ。そんなに現金持って行ってないから、もう1回ネゴってダメだったらカードで決済できるかなぁ、とか思って(アップルの人に)電話代わってって云ったんだけど、一向に電話にでない。
やっとでたと思ったら担当してくれた人がどっか行っちゃって見つからないとかモゴモゴ云ってるから、見つけて代わるか、諦めて帰って来いと云ったのよ。
その後、何度か電話かかってきたけど、仕事中だし、別の対応に追われてたからでれなくて、しばらくして掛けたら結局交換してもらったって。
本人から詳しい話は聞けないし、なにをどう話したのかも判らないのだけど、

  • このまま帰るわけにはいかないので、彼なりに交渉した
  • 何かを成し遂げるにはそれなりの想いが必要
  • その結果得られるものがあった

と、親としてはいい様に想像していて、まぁ、良い経験になったのではないかと。
とりあえず、結果を出したことは評価したい。

下の子も普段はチャラチャラしてて、スゲーいい加減なヤツっぽいんだけど、Scratch Dayの時は中高生に混じって真剣に話してるし、うんうん、やっぱり放し飼いでも育つものは育つのだよ、というのが今日の結論。

それと、対応してくれたアップルの中の人、ありがとう。たぶん俺と彼は一生MacとApple製品を使い続けます。

「Steve Jobs」を見てきた

Steve JobsSteve Jobs」見てきたよ。

結論から云うと話としては面白いよ。始めから終わりまで飽きずに見られる。「スティーブ・ジョブズ1995 ~失われたインタビュー~」と違って画が動くしね。
ただ、いろいろなJobs本、Apple本読んだ立場から云わせてもらうと、話が端折りすぎて物足りないところはある。もっとディテールがあるだろ、って。そういう事前情報がないまま見たら訳解んないかもね。
特にエンディングのところはさ、死ぬところまでやるのかと勝手に思ってたんだけど、あっさり終わり過ぎじゃね? と。
端から見た場合、Jobsのエピソードの中で一番盛り上がるのはNeXTからAppleに復帰するところだと思うのだけど、その辺りの背景はほとんど触れられてないよね。
と、これから見る人のためにあまりネタバレしない様にしとくわ。

Jobs本はこれを読め

これからSteve JobsやAppleのことがもっと知りたい、って思った人のためにJobs本紹介するわ。

スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ IIまずはこれを読め。ウォルター・アイザックソンの「スティーブ・ジョブズ」な。これには一通りのことがまんべんなく書いてある。

アップル〈上〉―世界を変えた天才たちの20年アップル〈下〉―世界を変えた天才たちの20年ジム・カールトンの「アップル ―世界を変えた天才たちの20年」もAppleの歴史について知るためには欠かせないぞ。

アップル・コンフィデンシャル2.5J(上)アップル・コンフィデンシャル2.5J(下)そうそう、「アップル・コンフィデンシャル2.5J」も外せないわ。

スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活スティーブ・ジョブズの道「スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活」と「スティーブ・ジョブズの道」にはAppleを離れた後、NeXTを経てAppleに復帰するまでのことが書いてある。

アップル薄氷の500日一方、Jobsが離れた後のAppleの内部事情が書いてるのが「アップル薄氷の500日」

ここまで読めば、AppleとSteve Jobsが歩んできた歴史が一通り解るはずだ。
その後で次に挙げる5冊を読むことでJobsの思想や目指していたものが理解できるはず。

スティーブ・ジョブズ-偶像復活スティーブ・ジョブズの流儀スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか?インサイド・アップルThink Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

よしよし、ここまで全部読めばもう、立派なJobs教の信者になれるぞ、あとはいっぱいお布施するんだ。
なんか、広げてみたら結構な量なんだけど、オススメを絞ると、「スティーブ・ジョブズの流儀」「Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学」「スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活」の3冊だな。

やっぱりSteve Jobsはすごい

凄いよJobs、凄い。
だって、ここに挙げた以外にもSteve Jobsをリスペクトした本は山の様にでてるよね。
それだけ、たくさんの人が1つの会社、1人の人間のことをいろいろな角度から分析して本にしてる、っていうのはSteve JobsとAppleにはそれだけの魅力と今までにない「力」を含んでるからだろうと思うわ。

Here’s to the crazy ones.
The misfits.
The rebels.
The troublemakers.
The round pegs in the square holes.
The ones who see things differently.

They’re not fond of rules.
And they have no respect for the status quo.

You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them.
About the only thing you cant do is ignore them.
Because they change things.

They push the human race forward.
Maybe they have to be crazy.

While some see them as the crazy ones,
we see genius.

Because the people who are crazy enough to think
they can change the world, are the ones who do.

クレージーな人たちがいる。
反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。
四角い穴に丸い杭を打ち込むように
物事をまるで違う目で見る人たち

彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。

彼らの言葉に心をうたれる人がいる。
反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。
しかし、彼らを無視することは、誰にも出来ない。
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。

彼らは人間を前進させた。
彼らはクレージーと言われるが

私たちは彼らを天才だと思う。

自分が世界を変えられると
本気で信じる人たちこそが
本当に世界を変えているのだから。

今更云うことではないけれど「Think Different」キャンペーンで云ってることっていうのはまさにJobsそのものを語ってるよね。

あの傍若無人ぶりは真似できてもそのあとがそうはならないからねぇ…。いや、つらいっす。

「スティーブ・ジョブズ1995 ~失われたインタビュー~」を見てきた

スティーブ・ジョブズ1995 ~失われたインタビュー~今日は雨のおかげで予定狂いまくりなんだが、出かけたついでに「スティーブ・ジョブズ1995 ~失われたインタビュー~」を見てきたよ。
今日、10/5はJobsの命日ということで一般¥1,500のところが¥1,000、学生¥1,200のところが¥500とお得でした。ラッキー。(ごめんよJobs)
こどもと一緒に行ったんだが、学生証か通学定期を提示してもらえば学割になる、って云われたんだけどどっちも無くて、「どう見ても中学生でしょ」って云ったらフロントのお姉さん「じゃぁ、今回だけ特別に」って学割してくれたよ。ありがとう、お姉さん。

肝心の内容なんだけどね、んー、正直かなり微妙です。
事前に本読んじゃってたからね、内容一緒だし…、もの凄く眠かったわ。
「動いてる若かりし頃のJobsが見たいとか」「Jobsの声が聞きたい」っていう人にはいいと思うよ。そうでなければ本買って読んだ方がいいかな、と思うわ。
始めから終わりまでインタビューしてるところを映してるだけなので、ほとんど動きがないんだわ。ひたすらJobsとインタビュアーの受け答えだけだしね。
映画だと思って見に行くと後悔するかもしれないけど、信者の人は見た方がいいですよ。

映画も本も内容は同じ、ってことで話し進めるけど、一番心に刺さるのは、

Should learn a computer language because it teaches you how to think.

コンピューター言語を学ぶことによって、考え方を学べるからだ。

ってところだよ。

昨今話題になっているプログラミングとこどもの教育の関連性を20年前から謳ってるっていうのはさすがだぜ。

最近読んだ記事では、

プログラミングを教えること、生徒がプログラミングについて熟知すること自体を目的としているわけではなく、それを使って何をするかという目的を生徒にしっかりと意識させようとしているところに大きな価値があると思います。

なんてことが書かれてだな、こうしたムーブメントは日本でもどんどん広がりを見せ、

ただコードが書けるようになるだけではなく、コードや新しいテクノロジーを使って何ができるかを考えられる生徒を育てることを主眼においています。

といった学校も開講準備を進めてるらしい。
こう云う謳い文句も良いんだけど、ここの学校のサイト、tumblrじゃん。教育機関がtumblrでサイト開くのか! って素敵だよ。

うちのこどもたちが通う小学校もだな、この流れに乗っかって授業の中でプログラミングをやって行くらしい。
今のところの構想としては「各教科の学習に取り組む」って云うのが目標らしいので、こっちも楽しみにしてる。

Tokyo HackerSpaceに行ってきた、けど…

今日は火曜日だからな、大事なMTGの日な訳だよ。
だから、速攻で会社を出なければいけないんだが、そう云う日に限って、*********なんだよね。

まぁ、行ってきたよTokyo HackerSpace。なんだけど、今日程ひどい日はないな。
人数も少なかったからね、いつものようにダラダラと始まりそうで、始まらないんだ。

で、始まったと思ったらね、なんの話なのかほとんど解らないんだよ。orz
話すのが早いんだ。聞き取るのが精一杯というか、右から左へって、こう云うことだな。
内容なんて、全然解らないんだよー。

と、云う訳で、全然違うこと書くことにするよ。

この話なんだけどね、最近思うのは、プログラミングって云うのは表現手段の一つにすぎないんじゃないかと思う訳さ。
中学校でScratchをやるかどうか? 俺はいいと思うよ。こどもに新しい手段を教えるのには、解りやすいネタなんじゃないかと思う。今時DSやPSPは必携の様だし、「オリジナルのゲームが作れる」みたいなことで導入するのは、こどもとしても入りやすいんじゃないかな。
人はみんなそれぞれの個性を持っているんだよ。文章を書くのが上手いヤツもいれば、歌ったり、楽器を奏でるのが上手いヤツもいるし、絵を描くのが得意なヤツもいるように、プログラミングがすらすらできるヤツがいても特別なことじゃないだろ。

話の始まりは、学校でScratchをやっても好き勝手にできないから、それならやらない方がいい、みたいな感じだけど、義務教育って云うのはそう云うものだから、世の中にはプログラミング、って云うのもあるんだぞ、ってことを知らしめるにはScratchはいい教材だと思うよ。
音楽だって、好きな歌だけ歌える訳じゃないし、美術だって課題が決まってるし、な。好きなことをやりたいようにやるには、大学や社会に出てからやればいいよ。

だから、こどもの頭の柔らかいうちにだな、いろいろな選択肢があることを学んで、自分が一番得意なことはなにか、一番やりたいことは何かを見つけなくちゃいけないんだ。

ちょっとぶっ飛んだ話をすると、人はみんな平等に機会を与えられてるんだぜ。何をやってもダメなヤツとかは本当はいないんだ。計算ができなくても、誰よりも速く走れるとか、すげー音痴だけど絵を書かせたらめちゃくちゃ上手いとか、必ず他の人よりも突出してるものをもってるはずなんだよ。要はそのことを見つけられるかどうかがポイントなんじゃないか? これが一般に云う「センスがいい」ってヤツだよ。
あー、ついでに云っておくと、自分の得意なことを見つけたら、その上に胡坐かいててもダメなんだぜ、それをさらに磨き上げる努力をしなくちゃいけないんだ、努力を怠ると力はどんどん劣れていくからな。楽な方法なっているのはないんだぜ。
センスを磨き上げることができるとイチローとかジョブズみたいになれるんだよ。

ジョブズはウォズと出会えたからAppleもMacもできたんだ。ウォズは”0″からものを作ることができたし、ジョブズはそれをさらにすばらしいものにすることができた。
ジョブズの優れていたところは”0″から何かを作り上げるんじゃなくて、4とか5とかのものを10やそれよりも大きな物にしたり、5のものを2つくっつけて15にしたりすることができたことさ。先見性とか編集力とかそう云うことだろ。それと、最後まで諦めなかったことなんじゃないか。そう云う意味では誰よりも努力したはずだ。

あれれ、なんか話がそれてきたし、もう眠いから今日はここまで。

そう、今思い出したけど、HackerSpaceからの帰り際に、「来週も来るよね」って云われたよ。
もちろん行きますって。

MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイを買ってみた

MBP_20130309-1
MBP買いました。
スゲーはやい。今使ってるMBAより全然早い。しかもRatinaなのできれい。

MBP_20130309-2
Minecraftもサックサクだよ。

ただし、問題がある。

俺のじゃない。

大切なことなのでもう一回書きます。

俺のじゃなーい。orz

まぁ、先行投資だよ。