Uber Eats」タグアーカイブ

俺、カレー屋になるわ その225

Uber Eats
最近思うんだけどね、コンピューターやインターネットが普及して世の中ものすごく便利になったと思う訳ですよ。
知りたいことは検索すればすぐに答えが出てくるし、欲しいものがあれば値段も、どこで買うのが安いかも教えてくれて、ポチッとするだけで買えてしまうのよ。
どこかへ出かけようと思えば、最短ルートも時間も交通費までもすぐ分かるし、誰かに連絡したいと思えばメールやメッセンジャーとか便利で仕方ない。

でもさ、ちょっと情報過多なんじゃない? 取捨選択が必要とか言うけどさ、聞きたくもない話聞かされたり、見たくもないもの見せられたりすることも多くなったよね。
今後必要なのはそういう不必要な情報をスルーして見なかったことや聞かなかったことにする力だと思うのよ。
もしくは、そうしたものが全てギャグか洒落だと思える思考能力だな。

で、Uber Eatsについて色々思うことあってだな、ちょっと記しておかないといけないと思った訳。
勿論うちもUber Eatsは使ってて、それなりの売り上げになってる。当初予測してたよりも金額は売れてるし安定してオーダー入るのでやってよかったと思ってるし、これからやろうとしてる人にはやった方が良い、と勧めてる。
ユーザーとしても自分で作る手間も惜しく、外に食べに出たり、買いに行ったりする時間もなく依存してる人もいたりして、サービスとしてはスゲーよくできてると思うのよ。
Uber Eatsって、食事を食べたいユーザーと提供する側のレストラン、商品を運ぶ配送員(Uber Eats的にはパートナーと呼ぶんだけど)の3者を結ぶマッチングサービスだと思ってて、1つ商品が売れるごとに3者からUber Eatsにお金が落ちるのね。その辺の仕組みをもっと知りたい人は、詳しく解説してる記事がたくさんあるのでググってね。
こういうプラットホームビジネスって、ベースとなるシステムができてしまえば、あとは多少のメンテナンスとかサポートとか営業活動があるにせよ、自分たちで調理することも、届ける必要もなく、その上にドカっとあぐらをかいていても周りでたくさんの人が踊ってくれるし、踊ってる人たちもそれぞれメリットを享受しているので踊り続ける、っていう、賢いよなぁ。

と、一応持ち上げておいてだな、ちょっと綻び始めてるんじゃないの? って思うのが、サポートとパートナーの質なんだわ。
パートナーの質の話でいうと、まぁ、いろんな人がいるのは解るが、以前に比べ質が落ちてると思うのよ。
Uber Eats的には配達してくれるパートナーを増やさないとサービスとして回んなくなっちゃくからね。
雇用形態もUber Eatsと個人事業主との業務委託みたいになってるから、問題があってもそれはUber Eatsの問題じゃなくてそれぞれの個人事業主さんの問題ですよ、っていうスタンなのかも知れん。
こっちだってバカじゃないから、黙って店入ってきてもお客さんじゃないのもわかるけどさ、商品取りに来るんだから、まずUber Eatsです、って名のれよ。ガラス越しに携帯の画面翳したってダメなんだよ。ヘルメット被ったまま、あのでかいバッグ背負ったまま店入ってくんなよ。日焼けしたくないのかもしれないけど、サングラスして、マスクして、フード被って、ユーザーに商品渡すときもお前そのままかよ。商品受け取ったら黙って立ち去るのかよ、なんか一言あるだろ。とかなんとか。
あー、ごめん鍛錬が足りなくてスルー力発揮できなかったわ。

次にサポートの話なんけど、トップの画像な、これちょっと前に受注用のタブレットにいきなり表示されたのよ。
これから昼時、って時に「まもなく受付を終了します」って、かなり気の利いたギャグとしか思えないんだけど。
俺は優しいから、まぁ、なんか間違えちゃったんだよね。中の人もすぐ気がついて修正するよね、って思ってたけど、次の日になってもそのままだから、これまた流石にスルーできずにサポートに電話したわ。
そしたら「注文は通常通りに受け付けていますのでご安心ください」だってよ。そりゃそうだ、受け付けてくれてなかったらみんな困るもんな。でも「ご安心ください」じゃなくてはやくなおせよ。どうせ間違えたコード上げちゃったとかでしょ? 本番環境に上げる前に確認しないの? バックアップ持ってねぇのかよ。

Uber Eats
この件だけじゃなくて、いろんなお知らせ的なものも表示されるんだけど、全文表示されなかったり、そんなのなんの意味もないだろ。
これまた、サポートいわく「上下のスクロールバーでスクロールしてください」って、スクロールバーなんか出てこないから聞いてんだけど。
これ、どうもうちが使ってる端末とサポートが持ってる端末が違うみたい。Uber Eatsから借用されてる専用端末なんだからちゃんと確認しとけよ。

Uber Eatsの中の人もね、色々考えて改善を図ろうとしてるんだろうけど、それぞれが、それぞれを評価する仕組みがあって、レストランサイドでいうと、ユーザーとパートナーから評価される仕組みがあるのよ。
ユーザーからの評価はそのまま店の評価としてユーザーアプリに点数が表示されるんだけど、パートナーからのレストランの評価は確か以前はどこにも表示されず、何のために評価してるのか意味がなかった(というか、評価されてることすら知らなかった)んだけど、少し前のアップデートでこれが見られるようになったのね。
てことは、パートナーもレストランがつけた評価が見えるようになったのかと思ってたら、個別の評価は見えなくて全体の点数しかどうも見えないらしい。

Uber Eats
そんな訳で、機能的に働いてるとは思えないんだけど、昨日のオーダーでパートナーからNGつけられたのよ。
で、ついてるコメントが「No parking」このコメントはいくつかの選択肢の中から(多分)チョイスするようになっていて日本語と英語のコメントが混在してて訳わかんないんだけど「No parking」ってどういう意味よ? 何か俺の思考を超越した素晴らしい洒落なのかと思って、その真意を知りたくて我慢できずにサポート電話したんだわ。
待つこと数分、サポートの回答はさ、そのまま「商品のピックアップ時に駐車スペースが無い」ということです。はぁ?
「あ、あくまでも配達パートナーの主観によるもので、実際には駐車スペースがあってもそれを見つけられなかった、ということもあります。申し訳ありません」って。
いやいや、お前に申し訳ないとか云われてもなぁ。というか、店舗の立地に関して配達パートナーから評価される仕組みってどういうこと??

電話サポートに噛み付いたところで仕方ないと思ったので、別途メールで問い合わせてるので回答が来るのを楽しみにしてる。
いや、しかし、Uber Eatsの上品な洒落と卓越したギャグについていけないどころか、華麗にスルー力を発揮するにはまだまだ鍛錬が足りないなぁ、と思った訳ですよ。

俺、カレー屋になるわ その205

Uber Eats
Uber Eatsが始まって1週間経ったので、ちょっと記しておくわ。

これね、よくできてるわ。仕組みの話な。
レストランサイドで云うと、なんかゲームぽい感じがすごくしてる。
オーダーが来ると、タブレットにアラートが出て、確認ボタンを押すとカウントダウンが始まる。
商品の用意ができたところで、もう1回ボタン押すんだけど、受注までにかかる時間とか、準備にかかる時間とかが自分のダッシュボードに表示されて「その他の人気レストラン」と常に比較される訳。
要するに、ついつい頑張っちゃうような仕組みがしっかりできていてなかなか面白いのよ。

当初思ってたよりオーダーも来るし、マージン抜かれるけど今までリーチできてない層に届いてるんならそれはそれでプラスかな、と。
まだ始まったばかりなので、操作がよく分からなかったり、こういうケースはどうなんのよ? とかあるとサポートにTELするんだけど、向こうの音がよく聞こえなくて、03番号のくせに海外回線です、とか「遅延してるけど聞こえてます、大丈夫です」とか…。大丈夫じゃないよ、音声がちっちゃくてこっちが聞き取れないんだよ。
対応は至ってドライなのでイラッとくることもあるけど、まぁ、今時なのか、そういう作戦なのか。

これ、オーダーするユーザーサイドのアプリと、レストランサイド、あと配達パートナー用のアプリがそれぞれあるので、その辺が実際どういう風に動いてるのかとかすごく興味あるんだけど、3者集まって話できないかなー、とか。
誰か配達パートナーやってる人いないかな?

ちょっと話戻すと、タブレットはUberから支給というか、まぁ、レンタルなんだけど、iPadが届くものだとばかり思ってたのよ。
届いた時はロゴ入りのちょっと高そうな箱に入ってて、スペシャルなパッケージなのかと思ってたらアンドロイドのタブレットが出てきて残念だったわ。

という訳で、今の所は予想以上に好調、ってことと、マジでUber EatsをネタにMTG持ちたいので絶賛参加者募集するわ。

  • Uber Eatsよく使ってるよ、というユーザーの人
  • 配達パートナーやってるよ、という人
  • Uber Eatsを使ってるレストランの人、もしくはこれからやろうとしてる人

参加者の目処がたったらスケジュール組んでイベント立てるわ。
よろしくー。