カブ改造計画 その6

カブ バーハン化
またしても雨だわ。
ブレーキワイヤーの件、やっと解決したわ。

色々と不具合のあったJAZZのロングワイヤー、自力で改造できるかと思ったけど、タイコの半田付けがうまくいかずレバー握ると抜けちゃうので、これは一旦諦め。
オーダーやってくれるところに何件か見積もり依頼してみた。
まぁ、市販のブレーキワイヤーが¥2,000前後だからその倍位と思ってたけど、どこも¥15,000から¥20,000位、納期4~6週間みたいな返答なのでちょっとびっくり。
¥10,000位は仕方ないかと思ってたけど、いやいや、そこまでは出せないわ。

自分でできなければプロにお願いしようってことで、近くの溶接屋さんに持ち込んでタイコだけくっつけてもらったわ。

カブ ブレーキワイヤーの加工
さすがプロ、多分これで死なないですむわ。
ワイヤーがステンなのと汚れてんだろうな、ってことでハンダ流す前にちゃんと脱脂してステンレス用のハンダともっとワット数のでかいコテ使えばできたかもしれないけど、ここにはこれ以上時間かけたくなかったので仕方ない。
多少費用もかさんだけどオーダーするよりははるかに安くできたのでよしとするわ。

上の画では判んないけどスピードメーターのワイヤーも短いのを買ってすっきり収まった。

残りはインジケーターの件だな。
ECUのリセットってことで、サービスカプラーとO2センサーカプラーな短絡させてみたけど症状変わらず。
こっちももうお手上げだわ。

カブ バッテリーボックス
カブ O2センサーカプラー

ハーネスの余ってる部分も整理してグリップヒーターの繋ぎ込みもやらないといけないんだけど、カブ以外にも抜き差しならない案件が出てきたのでそっちを先にやっつけないといけなくなりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です