タグ別アーカイブ: Ski

ICI石井スポーツカスタムフェアに行ってきた

ICI石井スポーツカスタムフェア2013石井スポーツのカスタムフェアに行ってきた。
ここではあまり話題に出てこないけど、スキーやってるのね。
その昔は結構ガッツリやってたけど、最近は年末年始しか滑らない似非スキーヤーに成り下がってる。
でも、スキーへのモチベーションを保つために、こういう処にも出向く訳だ。

なんだけど、昨シーズンから今回のカスタムフェにかけて、俺のスキー人生が危ぶまれるほどのトピックスばかり連発してるので、忘れない様に残して置くわ。

まずは昨シーズンの話な。
16の時に初めてスキーを履いから、学生の時は年間100日位、そのあともいろいろあってピークの年は年間120日位は滑ってたんだよ。
普通に仕事する様になってガクンと落ちて、こどもができてからはさらに減って、それでも年末年始は必ずスキーしてたんだ。
そして、ついに先シーズン、ついに滑走日数”0″だ。orz
まぁ、いろいろな事情があったにせよ、1日もスキーを履かずにシーズンが終わった。
しかも、ブーツ新調したんだぜ。なのに年間滑走日数”0″だ。
んー。

次に、スキーの話。
スキーはCYCHOのATを履いてるのね。早期オーダーで真っ白なヤツにMarkerだ。
深いところで外れたら見つからねぇな、とは思いつつ、他とは違うのが欲しかったから真っ白にしたんだ。
おかげで、同じスキーに会ったことは1度もない!
これはいい板だった。ここ何年かは似非スキーヤーだったから何シーズン履いただろ?
今思い起こすと毎年新しいの買ってた時期もあるからね。
正直国産のスキーとかバカにしてた時期もあったけど、履いてみたらマジよかったんだ。
なのに11-12シーズンを最後にカタログから消えた。そして、今回はCYCHOブランド自体がKEI-SKIから消えた。ちょっと悲しかった。
実は去年の夏に何となく眺めてたら、サイドウォールとエッジのところに隙間があって、うげっ、ってなったんだけど、KEI-SKIに連絡したら通常のTuneUp料金でエッジの剥離も一緒になおす、って云うので、新しいの買うか悩んだ末、なおしてもらったんだ。
先シーズンは結局スキーしてないから、そのまましまってあるよ。

最後にウェアの話だ。
俺のウェアはSOSのクラシックプルオーバーだ。云っとくけどMade in Swedenだぞ。
これ買ったのは多分94年だと思う。20年近く同じウェア着てる、って自分でも変だって思うけど、これ買った時は死ぬまでこれしか着ないって思って買ったんだよ。マジで。
我妻さんとカレー屋で話してて、SOS始めたのが89年だか90年だかって云ってたわ。
多分、自由が丘の店に初めて行ったのが90年か91年だと思うんだけど、初めてSOS見た時の衝撃はスゴかったよ。
派手なウェアの全盛期だからな。日本はバブルの真っ盛りだ。スキーの盛り上がり方も異状だったんだ。
今みたいなアウトドアスポーツって云う感覚じゃなかったと思う。とにかく派手なウェアがかっこ良かった時代にだ、あのスマートでシンプルなデザインはものすごい衝撃だったんだよ。
人と違うのが欲しければジローか好日山荘でインポートものって云うのが当時はイケてたんだけど、SOSはとにかく玉が少なくって買えなかったんだよ。
それでも何度もお店に遊びに行ってるうちに、倉庫から出てきたって云うのに偶然当ってその場で買ったんだ。
今見ると、型のパットがちょっと恥ずかしいけど、それ意外は今でも全然行けちゃうと思うんだけどね。

12-13シーズンが終わって、来期のマテリアルの話とかで出始めても、雑誌とかでSOS出てこないな? って思ってたんだ。
で、調べてみたらこれだよ。

「SOS」ファンの皆様へ『大切なお知らせ』

先シーズンはスウェーデンのモーグルチームのオフィシャルウェアになったりして、また一波来るかなー、と思ってたんだけどね。

ついに1日も滑らないシーズンが終わって、CYCHOはブランドがなくなっちゃうし、SOSは日本から撤退だし、なんかねー、これも時代の流れなんだろうけど、もしかして俺のスキー人生もこのまま尻窄みで終わりなんじゃね? と思ってしまう訳だ。

ICI石井スポーツカスタムフェア2013いやいや、そう云う訳には行きませんよ、っと、ヴェクターグライドのブースとかのぞいて、秋庭さんが声かけてくれたからね、「1本でどこでも行けて、でも、そんなにガシガシ滑らないから、楽チンなヤツがいい」って云ったら、進められたのはやっぱりOMNNYで、ノーズロッカーだから175でいいんじゃないか、って話になった。
話の中で「アルペンですか?」って聞かれて、テレマークかアルペンか? ってことなんだけど、俺の頭の中ではアルペンか基礎か? って一瞬考えちゃう辺も、あぁ、歳取ったわーって感じ。
死ぬまでがんばるわ。